被害が拡大すると厄介なコウモリ駆除や鳩駆除~きちんと予防する~

コウモリ駆除と鳩駆除は被害が出る前の予防が大切

巣ができてからのコウモリ駆除や鳩駆除は大変

駆除

コウモリ駆除業者や鳩駆除業者では、巣ができる前の予防も行なっています。家の近くで姿を見かけるようなら巣ができる前に相談しましょう。

巣ができると厄介な理由

鳩やコウモリは鳥獣保護法によって守られた動物です。そのため、自宅に巣を作られた場合であっても、自分で勝手にコウモリ駆除や鳩駆除を行なうことはできません。もしも傷つけてしまった場合には法律で罰せられます。また、鳩の場合一度追い出しに成功しても執着心が強いため何度も同じ場所に巣を作られてしまうため、業者での駆除が必要とされます。

コウモリや鳩の被害

一度巣を作られると自分でコウモリ駆除や鳩駆除をすることは難しいです。では、巣ができてしまった場合の被害を見ていきましょう。

直接的な被害
コウモリは身の危険を感じると鋭い爪や牙で攻撃をすることがあります。ケガの他にも、コウモリや鳩は体表に病原菌がいることが多いため直接触れると感染症にかかる危険性があります。そのため、コウモリ駆除や鳩駆除の際には十分な注意が必要です。健康被害の他に、糞による悪臭や、鳴き声や動く音による騒音被害も起こります。
二次被害
コウモリや鳩が巣を作る場所では、もともと体表にいたノミやダニ、寄生虫の他に、糞に引き寄せられた害虫が多く発生します。その中にはウィルスを持っているものもあり、直接コウモリや鳩に触れていない場合でも病気にかかる可能性があります。その他、ノミやダニがいることでアレルギー症状が現れることも多いです。

こうした被害が出てしまわないように、コウモリ駆除業者や鳩駆除業者に相談してきちんとした対策を行なうことが大切です。

侵入経路を塞いで予防する~コウモリ駆除は調査や予防も行なう~

女性

コウモリに巣を作らせないための予防方法として、侵入経路を塞ぐというものがあります。ここではその方法について紹介します。

侵入経路を塞ぐ

コウモリはどんな場所から入ってきますか?
日本で多く生息しているコウモリの体長は5cmほどで、非常に小さく身体が柔らかいのが特徴です。そのため、1~2cmほどの小さな隙間からでも簡単に侵入することができます。住宅で多い侵入経路は屋根と外壁の隙間や壁の亀裂、通風口やシャッターの上部などです。侵入経路は小さく高所にある場合が多いため、見つけるには知識や技術が必要です。
侵入口を塞げば問題ありませんか?
侵入される危険のある場所を発見した場合、なるべく早目に塞ぐことが大切です。しかし、このとき注意しないといけないのは既に内部へ侵入していないか確認するということです。もしも気づかない内に侵入したコウモリを閉じ込めてしまった場合、内部で繁殖することや死骸を放置してしまうことがあります。予防の前にしっかりと調査を行ないましょう。
調査を任せることはできますか?
コウモリ駆除業者の多くでは、駆除の作業だけではなく調査や予防も行なっています。コウモリの侵入口は発見が難しく、既に侵入しているか調べるためにも専門の技術が必要になります。コウモリ駆除業者なら建築に詳しいスタッフが在籍していることも多いため、しっかりとコウモリの侵入を防ぐことが可能です。
TOPボタン